マットレスを処分したい!ベッドマットレスの正しい処分方法と注意点


マットレスを処分したいけれど方法がわからない、処分方法が間違っていないか不安…。あなたのその悩み、よくわかります。実際、マットレスやベッドの処分方法を間違ってトラブルになった人はいるのです。トラブルにならないためにも、ベッドマットレスの正しい処分方法を把握しておきましょう。これから、マットレスの基礎知識や廃棄の方法など詳しく説明します。

  1. ベッドマットレスを捨てたい・廃棄したい・処分したい
  2. マットレスを自分で捨てるには
  3. マットレス処分:引越し業者によるもの
  4. マットレス処分:販売業者の下取りによるもの
  5. マットレス処分:リサイクルする場合
  6. マットレス処分:不要品回収業者に頼む場合
  7. マットレス処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ベッドマットレスの正しい捨て方と効率的な処分方法を知ることができます。

1.ベッドマットレスを捨てたい、廃棄したい、処分したい

ベッドのマットレスを処分する前にマットレスの基礎知識を身につけておきましょう。マットレスの基礎知識を身につけることは正しい処分法を知る前に大切なことです。

1-1.マットレスの寿命について

マットレスの寿命はおよそ3年~5年といわれています。意外と寿命は短いものです。ただし、使い方やお手入れ、マットレスの種類によっては10年以上使用できるケースもあります。もし、マットレスの居心地が悪くなった、使いづらくなったのなら寿命が近づいている証拠です。

1-2.マットレスは粗大ごみになる?

マットレスは燃えるごみ・燃えないごみのどちらかになります。布でできているマットレスが多いので燃えるごみに指定している自治体がほとんどです。ただし、ベッドは粗大ごみにとして回収されるので注意してください。ベッドマットレスといっても、ベッド本体とマットレスは捨て方が異なります。

1-3.マットレスの構造と捨て方の注意点

マットレスにはソフト系・レギュラー系・ハード系の3種類があります。それぞれバネの数、コイルの太さ、詰め物、コイルユニットなど違う点がたくさんあるのです。ほとんどのマットレスはスプリングが入っているクッション層とマットレスの落ち込みを防止する支持層、心地良い肌ざわりを提供するソフト層にわかれています。マットレスでも使用している素材ごとに燃えるごみ・燃えないごみに分類しなければなりません。

1-3-1.可燃部分

ベッドマットレスの可燃部分は布でできている面です。布でできている部分は燃えるごみ袋にいれて出しても問題はありません。失敗しないためにも、処分するマットレスの構造を把握しておきましょう。

1-3-2.スプリング部分

スプリングマットレスの場合、金属でできているスプリング部分をはずして処分しなければなりません。なぜなら、金属部分は燃えないごみに分類されるからです。自治体によってはスプリング部分が資源ごみになる可能性もあります。

2.マットレスを自分で捨てるには

ベッドマットレスを自分で処分するについて説明します。一体どんなやり方で処分すればいいのでしょうか。

2-1.自治体回収の場合

自分でベッドマットレスを捨てる場合、多くの人が自治体回収に依頼します。ほとんどの自治体ではベッドマットレスの回収をしているでしょう。ただし、自治体回収の場合は自分たちでマットレスの解体作業をしなければなりません。また、回収場所にまで運ばなければならないなどやることがたくさんあります。

2-2.解体の必要性

自治体で処分する場合、マットレスの解体作業が必要です。金属部分の燃えない部分と燃える部分を分別しなければなりません。また、燃えるごみ袋にいれやすいようマットレスを細かくカットしなければならないケースもあります。きちんと分別をしていなければ環境汚染につながるでしょう。ただ、マットレスの解体は女性1人でするのは無理があります。最低でも2人~3人で解体したほうが安心ですね。

2-3.その他やるべきこと

その他やるべきことといえば、自治体のルールを確認することです。自治体によって何ごみに分別しているのか、処分方法、引き取りの仕方が異なります。事前にチェックしておかなければ失敗することになるでしょう。また、自分たちで家からベッドマットレスを運び出さなければなりません。

2-4.メリット・デメリット

自治体でマットレスを処分するメリットは「処分費用が安く抑えられること」です。自治体によって費用は異なりますが、5,000円以内で回収してもらえるでしょう。なんと、自治体の中にはマットレスの引き取りが無料になっているところもあるのです。分解するために手間がかかったとしても無料なら自分でする人はいますよ。手間と時間か、それとも費用を優先するのかで処分方法は変わるでしょう。

3.マットレス処分:引越し業者によるもの

引越し業者の中にはマットレスなど不要品を回収してくれる業者がいます。引越し業者による処分方法とは何なのか、手数料やメリット・デメリットについてチェックしていきましょう。

3-1.引越し業者による処分

引越しでは思っているより多くの不要品が出てくるものです。引越し当日に不要品が出てきたとしても、引越し業者に依頼すれば不要品を回収してくれます。もちろん、ベッドマットレスも回収してもらえるので安心してください。ただし、オプションサービスとして追加されるケースがほとんどです。不要品回収の手数料が必要になります。

3-2.方法

引越し業者によるマットレス回収方法はとても単純です。引越し業者に依頼するだけで引越し当日に不要品を回収してもらえます。引越し業者にもよりますが、回収後は専門の業者か、または廃品回収にまわされるでしょう。依頼するのが不安…と感じている人は回収された後の行く末についても確認してみてください。きちんと答えてくれる引越し業者なら安心して依頼できます。

3-3.手数料

大手引越し業者を何社かチェックしてみると、不要品1点につき1,000円~5,000円の手数料がかかります。不要品の量や大きさによって費用が異なるようです。ベッドマットレスの場合、3,000円程度が目安になるでしょう。

3-4.メリット・デメリット

引越し当日不要品が出てもすぐに処分できるのが引越し業者に依頼するメリットです。また、引越しと同時に要らないものをすべて処分できます。けれども、手数料がある程度必要になるのがデメリットです。事前に不要品を処分しておけば引越し業者の手数料よりも安い費用で処分できるでしょう。

4.マットレス処分:販売業者の下取りによるもの

販売業者の下取りもマットレスの処分方法の1つです。新しいマットレスを購入しようと考えている人は下取りが最適な方法でしょう。

4-1.販売業者の下取りについて

マットレスを販売しているほとんどの業者が下取りをおこなっています。下取りとは古いマットレスを買い取って、新しいマットレスの販売価格から差し引くことです。そのため、マットレスの買い替えを検討している人にとっては効率的な方法になります。下取りをお願いしてみていくら値引きされるのか、1度確かめてみてください。

4-2.通販業者の場合

マットレスの下取りは通販業者でも可能です。たとえば、カタログ通販・テレビショッピングおこなっている「dinos」では新しい商品をお届けすると同時に、無料で古いものを引き取っています。運び出しはすべてスタッフがしてくれるので安心ですね。

dinosホームページ:https://www.dinos.co.jp/special/fur/hikitori/

4-3.手数料

販売業者による下取りにかかる手数料はお店によってばらばらです。下取り手数料はおよそ500円~1,000円になるでしょう。ただし、dinosのように無料で引き取りをしているところもあります。できるだけ、手数料を抑えたい人はさまざまな販売業者・通販業者を比較してください。

4-4.メリット・デメリット

下取りとしてマットレスを処分する場合、買い替えと同時に処分できるのが魅力的です。しかし、マットレスが古すぎると下取りできない可能性があります。下取りできなければお金を支払って引き取ってもらうか、または別の方法で処分することになるでしょう。

5.マットレス処分:リサイクルする場合

新品の状態に近いマットレスやまだ使える状態であれば、リサイクルにまわすことができます。まだ、使える状態のマットレスを捨てるのはもったいないことです。では、マットレスをリサイクルする場合について詳しく見ていきましょう。

5-1.リサイクルできるマットレス

リサイクルできるマットレスは、基本的に状態がいいものです。破れていない、汚れていない、壊れていないマットレスであれば買い取ってもらえるでしょう。また、ブランドもののマットレスは高価買取が期待できます。

5-2.リサイクルショップのメリット・デメリット

マットレスをリサイクルする際、リサイクルショップで売ってください。リサイクルショップでは壊れていない限り、ほとんどのマットレスを買い取ってくれます。ただし、マットレスにかんして詳しくはないので高値での取り引きは期待できません。また、リサイクルショップによっては自分たちでお店まで運ばなければならないでしょう。

5-3.ネットオークションのメリット・デメリット

リサイクルショップで売れなかった場合、ネットオークションという手があります。ネットオークションでは買い手が見つかればすぐに売ることができるでしょう。登録や写真など手続きは大変ですが、マットレスを売りたい人にはおすすめの方法です。ただし、ネットでの取り引きは相手の顔が見えません。そのため、トラブルが発生しやすいのも欠点の1つです。トラブルにあわないためにも、取り引き相手が信用できるかどうか見極めが大切になります。

6.マットレス処分:不要品回収業者に頼む場合

マットレスの処分は不要品回収業者に依頼することもできます。不要品回収業者に依頼した場合のメリット・デメリット、業者選びのポイントなど説明しましょう。

6-1.業者選びのポイント

業者選びのポイントで注目してほしいのは「産業廃棄物収集運搬業」の許可をとっているかどうかです。優良業者はきちんと都道府県から許可証を取得しています。しかし、悪徳業者は許可証を取得していないので番号がホームページに記載されていません。また、「見積書が細かく記載されているかどうか」「スタッフの対応」にも注目です。見積書が適当な業者は信用できないでしょう。後で追加請求をしてくる可能性が高いです。

6-2.メリット・デメリット

マットレスは解体作業で手こずってしまいます。しかし、業者に依頼すれば解体作業も引き受けてくれるので手間がはぶけるでしょう。さらに、自宅までベッドマットレスの回収にきてくれます。わざわざ家から運び出す必要もありません。今すぐに処分したい、手間と時間をかけたくない人にはおすすめの方法です。あえて、デメリットをあげるなら費用が高くつく点でしょう。

6-3.料金

マットレスの回収にある程度料金が必要です。しかし、業者の中にはベッドマットレスの回収を低価格で提供しているところもありますよ。大まかですが、マットレスの処分料金は3,000円~5,000円程度です。ベッドとマットレスを合わせるとおよそ1万円になるでしょう。できるだけ、費用を抑えるためにも3社~4社の見積もりを比較してみてください。

6-4.回収方法

ベッドマットレスの回収方法は「出張回収」が一般的です。自宅まで回収業者がやってきてベッドマットレスを運び出してくれます。プロが運び出してくれるので自分たちで運び出すよりも安心ですね。

7.マットレス処分に関するよくある質問

マットレスの処分に関するよくある質問を5つピックアップしていきます。疑問点がある人は事前に問い合わせて確認しておきましょう。

7-1.ベッドマットレスの買取価格はどのくらい?

マットレスの状態が悪ければ買取価格が0円になることもあります。ベッドマットレスの買取価格は2,000円~3,000円が相場になるでしょう。ただし、ブランドものや新品同様なら万単位になる可能性もあります。買取価格がいくらになるのか、事前に業者へ問い合わせてみましょう。

7-2.見積もりは無料でできるのか?

見積もりは無料でできるので安心してください。回収業者のホームページから簡単に見積もりが依頼できます。インターネットからの無料見積もりなら契約せずにおおよその料金がわかるでしょう。

7-3.回収業者にマットレスの処分を依頼する方法は?

回収業者にマットレスの回収を依頼する際、ホームページまたは電話で申し込みができます。即日対応OKの業者ならスケジュールが合いしだい、すぐに回収しにやってきてくれるでしょう。

7-4.買取してもらえるポイントについて知りたい

できるだけ、理想的な値段で買い取ってもらうにはベッドマットレスの状態をよくしておかなければなりません。買取に出す前にきちんと掃除をしてキレイな状態にしましょう。汚いままよりもキレイにしたほうが買取しやすくなります。

7-5.処分費用を抑えるコツとは?

処分費用を抑えるコツは売れるものは売ることです。まだ、使えるものはリサイクルにまわす、または回収業者の買取に出してください。売れないと思っていたものが売れる可能性があります。さらに、業者のホームページを見てみるとインターネット限定割引券といったサービスが利用できるでしょう。ぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?ベッドマットレスの処分方法は自治体回収、販売業者の下取り、引越し業者、リサイクルショップ、回収業者などさまざまです。自分の状況やマットレスの状態に合った方法を選んでください。きちんと正しい捨て方を把握しておけば、スムーズに処分できます。大切なのは、マットレスの処分方法について正しい情報を得ることです。