マットレスを処分したい!ベッドマットレスの正しい処分方法と注意点

マットレスを処分したいけれど方法がわからない、処分方法が間違っていないか不安…。あなたのその悩み、よくわかります。実際、マットレスやベッドの処分方法を間違ってトラブルになった人はいるのです。トラブルにならないためにも、ベッドマットレスの正しい処分方法を把握しておきましょう。これから、マットレスの基礎知識や廃棄の方法など詳しく説明します。

  1. ベッドマットレスを捨てたい・廃棄したい・処分したい
  2. マットレスを自分で捨てるには
  3. マットレス処分:引越し業者によるもの
  4. マットレス処分:販売業者の下取りによるもの
  5. マットレス処分:リサイクルする場合
  6. マットレス処分:不要品回収業者に頼む場合
  7. マットレス処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ベッドマットレスの正しい捨て方と効率的な処分方法を知ることができます。

1.ベッドマットレスを捨てたい、廃棄したい、処分したい

ベッドのマットレスを処分する前にマットレスの基礎知識を身につけておきましょう。マットレスの基礎知識を身につけることは正しい処分法を知る前に大切なことです。

1-1.マットレスの寿命について

マットレスの寿命はおよそ3年~5年といわれています。意外と寿命は短いものです。ただし、使い方やお手入れ、マットレスの種類によっては10年以上使用できるケースもあります。もし、マットレスの居心地が悪くなった、使いづらくなったのなら寿命が近づいている証拠です。

1-2.マットレスは粗大ごみになる?

マットレスは燃えるごみ・燃えないごみのどちらかになります。布でできているマットレスが多いので燃えるごみに指定している自治体がほとんどです。ただし、ベッドは粗大ごみにとして回収されるので注意してください。ベッドマットレスといっても、ベッド本体とマットレスは捨て方が異なります。

1-3.マットレスの構造と捨て方の注意点

マットレスにはソフト系・レギュラー系・ハード系の3種類があります。それぞれバネの数、コイルの太さ、詰め物、コイルユニットなど違う点がたくさんあるのです。ほとんどのマットレスはスプリングが入っているクッション層とマットレスの落ち込みを防止する支持層、心地良い肌ざわりを提供するソフト層にわかれています。マットレスでも使用している素材ごとに燃えるごみ・燃えないごみに分類しなければなりません。

1-3-1.可燃部分

ベッドマットレスの可燃部分は布でできている面です。布でできている部分は燃えるごみ袋にいれて出しても問題はありません。失敗しないためにも、処分するマットレスの構造を把握しておきましょう。

1-3-2.スプリング部分

スプリングマットレスの場合、金属でできているスプリング部分をはずして処分しなければなりません。なぜなら、金属部分は燃えないごみに分類されるからです。自治体によってはスプリング部分が資源ごみになる可能性もあります。