衣装ケースの処分方法とは?正しい廃棄方法と注意点について

「衣装ケースを処分したいけれど捨て方がわからない」「正しい処分方法かどうか不安…」など、衣装ケースの処分に頭を抱えている人は多いでしょう。もし、誤った方法で衣装ケースを廃棄してしまえば後でトラブルになってしまいます。トラブルにならないためにも、衣装ケースの正しい処分方法を把握しておきましょう。これから、自分で捨てる場合、リサイクルする場合、業者に依頼する場合と3つの方法にわけて詳しく説明します。

  1. 衣装ケースの処分方法について
  2. 衣装ケースの処分を自分で捨てる場合
  3. 衣装ケースの処分をリサイクルショップで売る場合
  4. 衣装ケースの処分を買取業者に頼む場合
  5. 衣装ケースの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、衣装ケースの正しい処分方法がわかります。自分の状況に合った捨て方で上手に処分しましょう。

1.衣装ケースの処分方法について

衣装ケースを処分したいとき、一体どうすれば良いのでしょうか。粗大ゴミになるのか、それとも燃えるゴミなのか、各自治体の粗大ごみの定義やプラスチックごみの扱い方など詳しく説明します。

1‐1.衣装ケースは粗大ゴミ?燃えるゴミ?

衣装ケースの処分で悩むのがゴミの分類です。一体、何ごみに分類すれば良いのかわからない人は多いでしょう。衣装ケースは「粗大ゴミ」になります。ただし、自治体によっては細かくカットすれば燃えるゴミに分類しても良いというところもあるでしょう。自治体によってゴミの分類が違うため、十分に確認してから処分しなければなりませんね。

1‐2.各自治体の粗大ごみの定義について

粗大ごみの定義は「住民の日常生活に伴って不要になった耐久消費財を中心とする大型ごみ」となっています。衣装ケースのほかに、家具・寝具・趣味・スポーツ用品・電気・ガス・石油器具などがあげられるでしょう。粗大ごみの定義はどの自治体でも共通項目です。しかし、粗大ごみの「サイズ」は各自治体によって異なります。何cmまでが粗大ごみになるのか自治体のHPなどで確認しておきましょう。

1‐3.プラスチックごみの扱い方について

プラスチックごみの扱い方は各自治体やリサイクルとそれぞれ異なります。一体、どんな扱い方をするのか、詳しく説明しましょう。

1‐3‐1.自治体の違い

東京都渋谷区の場合、プラスチック類のほとんどは「可燃ごみ」に分類されます。しかし、30cm四方を超えるものは「粗大ごみ」、ペットボトル類は「資源ごみ」です。よって、30cm四方を超える衣装ケースは「粗大ごみ」として出さなければなりません。同じプラスチックでも処分方法が異なるので、ホームページなどで確認することをおすすめします。

1‐3‐2.リサイクルについて

自治体の違いでお話したとおり、プラスチック類でも「ペットボトル」はリサイクルできる品物です。ただし、リサイクルできるものはペットボトルマークがついているペットボトルに限ります。マークがついていないペットボトル・キャップ・ラベルは可燃ごみです。