衣装ケースの処分方法とは?正しい廃棄方法と注意点について


「衣装ケースを処分したいけれど捨て方がわからない」「正しい処分方法かどうか不安…」など、衣装ケースの処分に頭を抱えている人は多いでしょう。もし、誤った方法で衣装ケースを廃棄してしまえば後でトラブルになってしまいます。トラブルにならないためにも、衣装ケースの正しい処分方法を把握しておきましょう。これから、自分で捨てる場合、リサイクルする場合、業者に依頼する場合と3つの方法にわけて詳しく説明します。

  1. 衣装ケースの処分方法について
  2. 衣装ケースの処分を自分で捨てる場合
  3. 衣装ケースの処分をリサイクルショップで売る場合
  4. 衣装ケースの処分を買取業者に頼む場合
  5. 衣装ケースの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、衣装ケースの正しい処分方法がわかります。自分の状況に合った捨て方で上手に処分しましょう。

1.衣装ケースの処分方法について

衣装ケースを処分したいとき、一体どうすれば良いのでしょうか。粗大ゴミになるのか、それとも燃えるゴミなのか、各自治体の粗大ごみの定義やプラスチックごみの扱い方など詳しく説明します。

1‐1.衣装ケースは粗大ゴミ?燃えるゴミ?

衣装ケースの処分で悩むのがゴミの分類です。一体、何ごみに分類すれば良いのかわからない人は多いでしょう。衣装ケースは「粗大ゴミ」になります。ただし、自治体によっては細かくカットすれば燃えるゴミに分類しても良いというところもあるでしょう。自治体によってゴミの分類が違うため、十分に確認してから処分しなければなりませんね。

1‐2.各自治体の粗大ごみの定義について

粗大ごみの定義は「住民の日常生活に伴って不要になった耐久消費財を中心とする大型ごみ」となっています。衣装ケースのほかに、家具・寝具・趣味・スポーツ用品・電気・ガス・石油器具などがあげられるでしょう。粗大ごみの定義はどの自治体でも共通項目です。しかし、粗大ごみの「サイズ」は各自治体によって異なります。何cmまでが粗大ごみになるのか自治体のHPなどで確認しておきましょう。

1‐3.プラスチックごみの扱い方について

プラスチックごみの扱い方は各自治体やリサイクルとそれぞれ異なります。一体、どんな扱い方をするのか、詳しく説明しましょう。

1‐3‐1.自治体の違い

東京都渋谷区の場合、プラスチック類のほとんどは「可燃ごみ」に分類されます。しかし、30cm四方を超えるものは「粗大ごみ」、ペットボトル類は「資源ごみ」です。よって、30cm四方を超える衣装ケースは「粗大ごみ」として出さなければなりません。同じプラスチックでも処分方法が異なるので、ホームページなどで確認することをおすすめします。

1‐3‐2.リサイクルについて

自治体の違いでお話したとおり、プラスチック類でも「ペットボトル」はリサイクルできる品物です。ただし、リサイクルできるものはペットボトルマークがついているペットボトルに限ります。マークがついていないペットボトル・キャップ・ラベルは可燃ごみです。

2.衣装ケースの処分を自分で捨てる場合

衣装ケースを自分の手で処分する際、いくつか注意点があります。あらかじめ、注意点をしっかり確認してからできる範囲で処分していきましょう。それでは、自治体回収の方法や費用、メリット・デメリットなど詳しく説明します。

2‐1.自治体回収の場合

自治体回収の場合、「粗大ごみ」か、それとも「資源ごみ(燃えるごみ)」での処分になります。大きめの衣装ケースはほとんどが粗大ごみに分類されるでしょう。粗大ごみで捨てる場合は粗大ごみシールを購入しなければなりません。自治体のホームページで粗大ごみ回収の申し込みをした後、シールを購入して衣装ケースに貼りつけます。そして、指定された回収場所に衣装ケースを運んでください。資源ごみで捨てる場合は、指定されたサイズにするため細かくカットしなければなりません。

2‐2.解体・運搬の必要性

衣装ケースはカットするためののこぎりなど道具を準備すれば解体できます。解体しなければごみの日に出すことはできません。もし、解体ができない方は粗大ごみで処分してください。また、粗大ごみで処分すると指定回収場所まで運ぶ必要があります。

2‐3.その他やるべきこと

処分したい衣装ケースのサイズは必ず測っておいてください。幅・長さ・高さを測定してメモしておきましょう。なぜなら、自治体によって粗大ごみのサイズが決まっているからです。もし、粗大ごみのサイズが超えてしまうようなら細かくカットする必要があります。処分前に自治体の粗大ごみサイズをチェックして、間違えないようにしてくださいね。

2‐4.衣装ケースの処分にかかる費用

衣装ケースを自治体で処分する場合、費用は500円以内がほとんどです。粗大ごみシールの購入にかかるお金だけで済みます。もし、資源ごみで処分するのなら専用のごみ袋の料金だけで良いでしょう。ただし、自治体によって費用が異なるためホームページや電話で確認してください。

2‐5.メリット・デメリット

自治体で処分するメリットは「費用が安いこと」です。1,000円以内で衣装ケースの処分ができます。ただし、回収日が決まっているため時間がかかるのがデメリットです。すぐに処分したくても回収日まで待たなければなりません。また、サイズがオーバーする際は細かくカットする必要があります。いちいち解体しなければならない、指定回収場所まで運ばなければならないところがデメリットでしょう。自分で処分できないと思ったら他の処分方法で廃棄してください。

3.衣装ケースをリサイクルショップで売る場合

新品状態に近い衣装ケースであれば、リサイクルショップで売ることができます。費用ゼロで衣装ケースが処分でき、再利用してもらえるでしょう。これから、衣装ケースをリサイクルする場合について説明します。

3‐1.リサイクルできる衣装ケースとは

リサイクルできる衣装ケースは状態が良いものです。プラスチックが割れていて再利用できないものはリサイクルショップで買い取ってもらえません。割れている衣装ケースは自治体で処分するか、もしくは業者に依頼する方法で処分しましょう。また、ブランドものの衣装ケースは高く売れる可能性が高いです。たとえば、有名なブランド・無印良品の衣装ケースはリサイクルショップで高く売れるでしょう。全国的に人気・需要があるブランドは買取可能です。

3‐2.リサイクルショップで処分する方法

リサイクルショップで処分する方法は、直接店舗に持ち込む方法になります。近くにあるリサイクルショップに衣装ケースを持ち込み、査定してもらいましょう。しかし、大量の衣装ケースを処分したい場合は運搬するだけで時間・手間がかかってしまいます。

3‐3.メリット・デメリット

費用処分をかけず、衣装ケースを処分できるのがリサイクルショップのメリットです。ただし、使えない衣装ケースは買い取ってもらえません。買取できなければ処分費用がかかってしまいます。まずは売れるかどうかを確認しましょう。また、リサイクルショップではアルバイトで働いているスタッフが多いです。必ずしも、社員が査定してくれるとは限りません。そのため、ブランドの衣装ケースを持っていっても適切な価格で買い取ってもらえない可能性があります。以上のメリット・デメリットをきちんと踏まえてからリサイクルショップを利用してくださいね。

4.衣装ケースの処分を買取業者に頼む場合

リサイクルショップだけでなく、中古品の買取業者でも衣装ケースの処分が可能です。リサイクルショップとの違いを説明しながら買取業者の選び方などご紹介します。

4‐1.業者選びのポイント

衣装ケースの処分を業者に依頼する場合、業者選びが大切なポイントになります。悪徳業者に依頼してしまえば、後でトラブルになってしまうでしょう。トラブルにならないためにも業者選びのポイントである「査定額」に注目してください。数社の査定額を比較して最も高値がついた業者に依頼すると良いでしょう。また、「スピード対応」と「丁寧な接客」もポイントです。せっかく依頼してもすぐに買取してもらえない業者では意味がありません。すぐに対応できるかどうか、丁寧な説明をしてくれるかどうか、スタッフの対応も業者選びのポイントです。

4‐2.メリット・デメリット

業者に依頼するメリットは、リサイクルショップよりも高値で買取してもらえる点です。査定品目に詳しいスタッフが在籍しているので、より適切な価格で買い取ってもらえるでしょう。また、早く処分したいときにすぐ対応してくれます。出張買取をおこなっている業者なら、衣装ケースが大量でも一気に処分できるものです。自宅に査定員がやってきてくれるので自分たちで運搬する必要がありません。そして、悪徳業者に引っかからないよう十分に注意してください。急いで業者を選ぶと失敗しがちです。3社~4社のサービス内容・費用などを比較して選びましょう。

4‐3.料金

買取してもらえるのなら処分費用はかかりません。出張費・査定費もすべて無料なので、安心して依頼できるでしょう。リサイクルショップの中には出張費・査定費が必要なところもあります。できるだけ、費用を抑えるためにも費用がかからない業者を選びましょう。ちなみに、中古品の買取をおこなっている「エコライフ」では査定後のキャンセル料も無料です。安心して査定が依頼できるでしょう。

エコライフ:http://www.recycleshop-ecolife.com/

4‐4.回収方法

買取業者の回収方法は「出張買取」「郵送買取」「持ち込み買取」の3つの方法があります。自分の都合に合った回収方法が選べるでしょう。大量買取や近くにお店がない場合は出張買取がおすすめです。自分のペースで処分をしたい方は郵送買取が良いでしょう。近くに店舗があれば持ち込みで買取してもらえますよ。以上のように、買取業者は自分に合った回収方法が選択できるのです。

4‐5.無料回収業者についての注意点

「回収無料」と大きく宣言してお客からお金をだましとる悪徳業者が多いです。実際、悪徳業者とのトラブルが増えています。無料回収といっていたのに後で追加料金を請求された、回収してもらった不用品が不法投棄されていたなど、トラブルの内容もさまざまです。トラブルにあわないためには、無料回収業者がきちんと都道府県から許可を得ているかどうか、なぜ無料なのか理由を明確にしているかどうかチェックしてください。都道府県から許可を取得していない業者は違法です。

5.衣装ケースの処分にかんしてよくある質問

衣装ケースの処分にかんしてよくある質問を5つピックアップしました。衣装ケースの処分で悩んでいる方、これから処分を考えている方はぜひ参考にしてください。

5‐1.買取の流れが知りたい

まず、無料査定を申し込み、訪問日・来店日時を予約します。弊社では郵送買取の場合は準備ができ次第、運送業者が自宅にやってきて商品の梱包(こんぽう)・搬出作業をするので安心してください。そして、査定額に納得していただければ契約成立へと入り、買取価格をお支払いします。

5‐2.衣装ケースの買取価格はいくらか?

衣装ケースは1箱500円~売ることができます。ブランドものや新品状態に近いものは、もっと高値で売れるでしょう。売る前に商品をキレイに掃除していただければ、買取価格が高くなる可能性があります。

5‐3.無料査定の申し込み方法とは?

無料査定はホームページから申し込み可能です。買取価格だけ知りたい人でも気軽に申し込みができます。ぜひ1度試してみてください。

エコライフ無料査定申し込みページ

5‐4.業者は衣装ケースのほかに何を取り扱っているのか?

買取業者は衣装ケースのほかに、デザイナーズ・ブランド家具や一般家具・家電・オフィス用品・オーディオ機器など幅広い品物を取り扱っています。

5‐5.出張買取にお金はかかるのか?

エコライフの出張買取では手数料と出張料はかかりません。ただし、出張買取エリア内でなければ利用できませんので注意してください。出張買取エリアは東京都23区・埼玉県・神奈川県・千葉県を中心です。

まとめ

いかがでしたか?衣装ケースは自治体で処分する、リサイクルショップに売る、買取業者に依頼すると3つの方法があります。それぞれ処分費用や回収方法が異なるので、比較して自分の状況に合った方法を選んでください。きちんと知識を身につけておけば正しい処分ができるでしょう。