【必読】中古オフィス家具の選び方!買取や中古販売の利用で経費削減

オフィスの環境を整備するためには、さまざまな品を揃(そろ)えなければなりません。オフィスチェア・デスク・什器(じゅうき)など。すべてを新しく揃(そろ)えるのは、膨大な費用を投資する必要があります。移転や新規開業を機に、オフィス家具を用意しなければならない方は、なるべく費用を抑えたいと願うことでしょう。初期費用を抑えたい気持ち、とてもよく理解できます。
今回は、オフィス家具の中古販売や不用になったオフィス家具の買取についてです。

  1. オフィス家具について
  2. オフィス家具の中古販売について
  3. オフィス家具の買取について
  4. オフィス家具で人気なのは? 
  5. 中古オフィス家具販売店の選び方
  6. オフィス家具でよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、不用になったオフィス家具を高く売るコツや中古オフィス家具を利用した、環境整備に生かすことができるでしょう。今、オフィス家具の買い替えを検討している方も必見です。

1.オフィス家具について

そもそもオフィス家具にはどのような種類があるのでしょうか?一般家具との違いなどをご紹介します。

1-1.オフィス家具の種類

オフィス家具は、企業や事務所で使用する家具のことです。規模の大きなオフィスでは、会議用セットや応接家具も設置されています。
一般的には、オフィスチェア・デスク・パーテーション・書類棚・什器(じゅうき)などを意味しており、中古家具でも人気のある商品です。

1-2.一般家具との違い

オフィス家具と一般家具には、明らかな差があります。これから導入しようと考えているなら、オフィス家具の持つ特性をよく理解しておくと安心です。

1-2-1.オフィス家具は頑丈

オフィス家具は、一般家具に比べて頑丈です。幾度も耐久試験を行い、衝撃や落下に耐えられるかを確認しています。5~7年と寿命も長いため、長期間使用しても問題ない家具です。一般家具なら衝撃で割れなどが生じることもありますが、オフィス家具ならそうした心配が要りません。

1-2-2.デザインの統一ができる

オフィス家具のモデルチェンジは、4~5年間隔で行われます。追加購入が必要になったとしても、同じデザインを購入でき、オフィスの印象を統一できるのがメリットです。1つでも違うものが配置され、ごちゃごちゃしたイメージを与えてしまう心配もないでしょう。

1-3.その他に必要な事務用品

オフィス家具に続いて必要なのは、コピー機やファックスなどのOA機器とパソコンなどでしょう。機械製品は、リースでも取り扱っています。メンテナンスの充実や、ランニングコストなども視野に入れて考えましょう。
従業員用ロッカーやホワイトボードも必要になります。会社の規模で導入は判断してください。