ベッドは買取で処分できる!? 必見、ベッド処分の基礎知識!

ベッドの処分、困ったことはありませんか? とても大きな家具なので、どのように処分するのが正しいのか分からないという方も多いでしょう。

真っ先に思い浮かぶのは自治体を利用した処分法ですが、実は損をしているかもしれません。なぜなら、ベッドは『買取』や『下取り』をしてもらえることがあるからです。どうやって処分すれば買取や下取りをしてもらえるのか、興味ありませんか?

そこで、今回はベッドの処分法を中心に、買取や下取りなどの基礎知識についてご紹介します。

  1. ベッドは何ゴミで廃棄されるの?
  2. ベッドを自分で捨てるにはどうすればいいの?
  3. 粗大ゴミ回収・不用品回収業者とは?
  4. 販売業者の下取りについて買取を依頼しよう!
  5. 不用品にまつわる質問と回答

これらの項目をすべて読めば、きっとアナタに最適な処分の方法が分かるはず。ぜひ、最後までおつきあいください。

1.ベッドは何ゴミで廃棄されるの?

1-1.ベッド本体は粗大ゴミ

ベッド本体……つまり、木や金属で構成されている部分は、基本的に粗大ゴミとして出すこととなります。

ただし、組み立て式の木製ベッドの場合、分解して何回かに分けて出せば、家庭ゴミとして収集してもらえることもあるでしょう。というのも、限られた収集時間の間に、粗大ゴミとして出すように指示をするシールを貼るのは時間のロスですし、放置されると困るのは作業員だからです。本当はよくないけれど、面倒だから収集する、という作業員は多いといわれています。

ただし、収集してくれるかどうかは完全に収集員の主観や地域ごとの取り決めに基づいているので、場合によっては小分けにしても収集してもらえません。シールなどで注意された場合は、諦めて粗大ゴミとして出すようにしましょう。

1-2.マットレスは家庭ゴミか粗大ゴミ

マットレスも基本的には粗大ゴミの範囲に入ります。しかし、一般的な布と綿で構成されたものならば、ハサミなどである程度の大きさまで小さく切れば、家庭ゴミで回収してもらえるでしょう。

ただし、中にバネの入っているスプリングマットレスの場合、金属部分が多いので、仮に細かく分解できたとしても、家庭ゴミとして引き取ってもらうことはできません。地域によっては不燃ゴミとして回収していることもあるので、自治体のホームページなどを確認してから処分してください。