ベッドは買取で処分できる!? 必見、ベッド処分の基礎知識!


ベッドの処分、困ったことはありませんか? とても大きな家具なので、どのように処分するのが正しいのか分からないという方も多いでしょう。

真っ先に思い浮かぶのは自治体を利用した処分法ですが、実は損をしているかもしれません。なぜなら、ベッドは『買取』や『下取り』をしてもらえることがあるからです。どうやって処分すれば買取や下取りをしてもらえるのか、興味ありませんか?

そこで、今回はベッドの処分法を中心に、買取や下取りなどの基礎知識についてご紹介します。

  1. ベッドは何ゴミで廃棄されるの?
  2. ベッドを自分で捨てるにはどうすればいいの?
  3. 粗大ゴミ回収・不用品回収業者とは?
  4. 販売業者の下取りについて買取を依頼しよう!
  5. 不用品にまつわる質問と回答

これらの項目をすべて読めば、きっとアナタに最適な処分の方法が分かるはず。ぜひ、最後までおつきあいください。

1.ベッドは何ゴミで廃棄されるの?

1-1.ベッド本体は粗大ゴミ

ベッド本体……つまり、木や金属で構成されている部分は、基本的に粗大ゴミとして出すこととなります。

ただし、組み立て式の木製ベッドの場合、分解して何回かに分けて出せば、家庭ゴミとして収集してもらえることもあるでしょう。というのも、限られた収集時間の間に、粗大ゴミとして出すように指示をするシールを貼るのは時間のロスですし、放置されると困るのは作業員だからです。本当はよくないけれど、面倒だから収集する、という作業員は多いといわれています。

ただし、収集してくれるかどうかは完全に収集員の主観や地域ごとの取り決めに基づいているので、場合によっては小分けにしても収集してもらえません。シールなどで注意された場合は、諦めて粗大ゴミとして出すようにしましょう。

1-2.マットレスは家庭ゴミか粗大ゴミ

マットレスも基本的には粗大ゴミの範囲に入ります。しかし、一般的な布と綿で構成されたものならば、ハサミなどである程度の大きさまで小さく切れば、家庭ゴミで回収してもらえるでしょう。

ただし、中にバネの入っているスプリングマットレスの場合、金属部分が多いので、仮に細かく分解できたとしても、家庭ゴミとして引き取ってもらうことはできません。地域によっては不燃ゴミとして回収していることもあるので、自治体のホームページなどを確認してから処分してください。

2.ベッドを自分で捨てるにはどうすればいいの?

2-1.解体の必要性

すでにお話ししたとおり、ベッドを処分する際には解体するのがとても重要です。もちろん、解体すれば家庭ゴミとして出せるので費用を浮かすことができるということもありますが、1番重要なのは運搬がしやすくなることでしょう。

ベッドは人の体重を支えられるように作られていますから、強度を出すために重くなりがちです。パイプベッドの場合はそれほどでもないでしょうが、木製のベッドの場合は一人では運べないほどの重さになります。

粗大ゴミとして出す際には非常に手間がかかりますし、地域によっては解体していない場合は粗大ゴミとして出しても引き取ってもらえないこともあるでしょう。

ですから、ベッドを処分する際には、基本的には解体しておくことが重要なのです。

2-2.粗大ゴミの出し方

粗大ゴミの出し方はシンプルです。各自治体の粗大ゴミ受付センターに電話かインターネットを使って粗大ゴミの依頼をします。依頼の際に、粗大ゴミの種類や材質、大きさを伝えましょう。

あとは、各自治体の指示に従って粗大ゴミを収集場所に出すだけです。地域によって変わりますが、出す際には粗大ゴミという表記と依頼者の氏名を明記した紙を貼ることが多いでしょう。

2-3.自治体回収のメリット・デメリット

粗大ゴミの依頼はお話ししたように簡単です。これはメリットの1つといえるでしょう。そのため、「解体するのは面倒くさいし、別に粗大ゴミとして出せばいいじゃないか」と思う方も多いはず。

しかし、少し待ってください。自治体回収にはいくつかのデメリットがあります。

1番のデメリットは、運搬です。自治体に回収してもらう場合、普通は収集場所を指定され、その場所まで運搬する必要があります。

家族で住んでいる方や、男性の場合は苦労しながらも運べるかもしれません。しかし、女性の方や年配の方の場合は難しい場合もあるでしょう。特に、エレベーターのない古い団地などにお住まいの場合は大変なはず。

自分で運べるかどうかを考えてみて、難しいようなら不用品回収業者など、ほかの方法を模索するのも手の1つですよ。

3.粗大ゴミ回収・不用品回収業者とは?

粗大ゴミ回収業者や不用品回収業者とは、その名のとおり粗大ゴミなどの不用品の回収を生業としている業者のことです。不用品業者の特徴はその利便性にあります。電話やインターネットから簡単に依頼ができ、依頼すれば家まで処分したいものを引き取りに来てくれるのです。

また、地域外の場合でも、宅配サービスを行っています。宅配業者の集荷サービスを利用すれば、自宅から出ずとも利用が可能です。

そのため、重いベッドの処分であっても運搬などの手間に煩わされることなく、スムーズに処分することが可能となります。

また、一部の家電製品や貴金属など、価値のあるものは買取サービスも行っていることが多いようです。これは自治体回収にはない大きなメリットといえますよね。ぜひ、処分の際には、ついでに売却依頼もしてみてください。

3-1.業者選びのポイント

便利な不用品回収業者ですが、中には詐欺まがいの行為をする悪徳業者も存在します。とはいえ、過度に恐れる必要はありません。業者を選ぶ際にちょっとしたポイントを抑えておくことで、悪徳業者を避けることができます。

ポイントは主に2つです。

  • 無料ではない
  • ホームページやブログを定期的に更新している

まず、1つ目の『無料ではない』という点は非常に重要です。業者が回収したあとにも処分費用がかかるわけですから、無料では赤字になってしまいますよね。また、人件費やガソリン代などもかかるのですから、無料などできるわけがないのです。ですから、無料をうたい文句にしている業者は、不良業者の場合が多いでしょう。

2つ目の『ホームページやブログを定期的に更新している』についても確認しておいてください。定期的に更新しているということは、しっかりと利用者に対して情報を発信しようという努力をしているということです。このような業者は、仕事もしっかりしています。

3-2.不用品回収業者の料金はどうなってるの?

不用品回収業者は、基本的に有料です。では、依頼料はどうなっているのでしょうか?

基本的に、料金パターンは『基本料+処分品の単価+追加料』のAパターンと、『処分品の単価+追加料』のBパターンに分かれています。多くはAパターンなので、こちらだけ覚えておいても問題ありません。

ちなみに、基本料は3,000円~5,000円程度のことが多いようです。ここから処分する品物の大きさや量、重量などによって金額が変化していきます。ベッドの場合だと、5,000円~2万円程度が相場でしょう。とはいえ、シングルベッドなのか、ダブルベッドなのか、2段ベッドなのか、などによって大きく変化します。さらに、ベッドは布団を使用するため傷つきにくく、頑丈に作られているので壊れることも少ない家具です。そのため、ものによっては買取をしてもらえることもあるでしょう。

4.販売業者の下取りについて

すでにお話ししたとおり、不用品回収業者などのリサイクル業者は、多くが買取を行っています。しかし、ベッドの販売業者が行っている下取りを利用することも多くの場合可能です。

買取と下取り、どちらがよりよいのか気になりませんか?

4-1.買取と下取りのメリット・デメリット

買取のメリットは、下取りに比べて高く売れることが多いことです。ベッドの種類にもよりますが数千円の差額が生じることもあるでしょう。

買取のデメリットは、値段が付かないこともある点です。下取りの場合、新製品を購入することが前提のため、サービスである程度の金額で引き取ってくれます。しかし、買取は純粋に買取だけなので、やや査定がシビアになるでしょう。

下取りのメリットは、なんといっても手間を省けるという点です。処分と同時に新製品を購入できるので、手間が1回ですみますよね。また、下取りはサービスのようなものなので、ある程度の値段を付けてくれるというのがメリットでしょう。

下取りのデメリットは、値段の低さです。下取りは回収後に処分することが多いので、処分費用などの各種手数料がかかります。そのため、買取に比べて1~3割程度は金額が安くなるでしょう。

4-2.通販業者でも下取りはしているの?

ベッドを通信販売で購入した場合はどうなるのか気になりますよね。結論からいうと、あまり一般的ではありません。

大手通信販売業者など、一部の業者では行っていますが、通販の場合は無料引き取りの場合が多いでしょう。

5.買取を依頼しよう!

5-1.不用品回収業者かリサイクルショップか

不用品回収業者に買取をしてもらうことができますが、買取といえばリサイクルショップも一般的です。どちらを利用した方がよいのでしょうか?

買取の値段に関しては、リサイクルショップの方が高くなる傾向にあります。これは不用品回収業者には出張費などが入ってくるのに対し、リサイクルショップは基本的に持ち込みのためです。

ただし、リサイクルショップの場合、商品の状態によっては引き取ってもらえません。ベッドは重量も大きさもあるので、無理して運んで徒労に終わるということもあるということです。それに引き替え、不用品業者の場合、値段が付かなければそのまま回収処分してくれます。処分法という点でみれば不用品回収業者に軍配が上がるでしょう。

ハイリスクハイリターンのリサイクルショップか、ローリスクローリターンの不用品回収業者か。自分の性格に合った方を選ぶとよいでしょう。

5-2.高く売れるもの

ベッドもものによっては高く買取してもらえますが、それ以外にも高く売れるものはあります。せっかく処分するのなら、一緒に処分してみてはいかがでしょうか。

  • 家電製品(ブラウン管テレビなどの古いものは除く)
  • パソコン周辺機器(スマホを含む)
  • ゲーム(本体、ソフト、周辺機器を含む)
  • 家具(北欧家具が人気)
  • 事務、店舗用品
  • 時計
  • 貴金属
  • ブランド品
  • アンティーク、骨董品(こっとうひん)
  • 楽器
  • チケット、金券
  • 車、バイク

これらのものが、一般的には買取される品物です。しかし、業者によっては買取品目に入っていないこともあります。自分の売りたいものと照らし合わせてから依頼するようにしましょう。

6.不用品にまつわる質問と回答

Q.大量に処分するときはどうするのが最適ですか?

引っ越しの際などに大量の不用品が出ることがあります。そのようなときには、不用品回収業者の利用が1番楽でしょう。普通のリサイクルショップの場合、大量に持ち込むには軽トラックなどを用意しなければいけませんし、荷台に載せる作業などが大変です。

自治体を利用した処分でも同じ。家電製品の場合は家電リサイクル法がかかわってきて、面倒な手続きがあります。処分品目ごとにいろいろとしなければいけないので大変です。

不用品回収業者の場合、家電リサイクルの対象品目も、粗大ゴミも、不燃ゴミも、すべていっぺんに回収してくれるので手間がかかりません。

Q.業者に依頼したら怖い人が来ませんか?

特に女性に多い質問です。運送業や回収業などは、やはり屈強な男性というイメージを持っている方が多いと思います。そのため、女性からすると、何人もこわもての男性ばかりというのは不安を感じてしまうはずです。

しかし、ご安心ください。多くの不用品回収業者には女性スタッフも在籍しています。依頼の際にお願いすれば、女性スタッフを派遣してもらうことも可能です。ただし、依頼主が男性の場合や、タイミングが合わない場合などは、断られてしまうこともあるのであしからず。

もちろん、男性スタッフもキッチリとした服装を心がけており、怖い印象をなるべく持たれないように努力していますので安心してください。

Q.エレベーターの有無で値段は変わりますか?

古い団地などは、いまだに高層階まで階段で上がらなければいけないところもあります。しかし、基本的にはエレベーターの有無で値段が変わることはありませんので安心してください。

Q.壊れているものは買取してもらえますか?

買取したものは転売することになるので、壊れているものは基本的に買取ません。ただし、貴金属の場合は壊れていても素材自体に価値があるので、買取を行ってくれます。

Q.詐欺とかは大丈夫ですか?

ほとんどの業者はまじめな仕事をする優良業者です。しかし、中には突然の追加料金や不当な安値での買取など、詐欺に近いような行為をする業者もいます。ですので、業者選びの際にはご紹介したポイントなどを踏まえて選ぶことが大切です。

また、しっかりと選んだつもりでも、中には悪徳業者もいます。そのような場合には、決然とした態度で断ることが大切です。もしかしたら、脅すようなことをいう業者もいるかもしれません。しかし、仕事としてやっている以上、彼らは警察や消費者庁に通報されることを恐れています。到底手など出せず、結局は口だけでしかありません気押されないようにしてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回はベッドの処分について中心にご紹介しました。ベッドの処分は自治体を利用すると非常に大変です。年配の方などは、運搬の際にぎっくり腰などの危険もありますので、できれば不用品回収業者を利用するのをお勧めします。

今回の記事を参考に、ぜひベッド処分を行いましょう!