もう悩まない!粗大ごみの回収方法と業者の選び方4つのポイントとは?


捨て方がわからない粗大ゴミを庭やベランダに放置していませんか?粗大ゴミは、処分方法がわかりづらいことから、処理できず困っているという方も多いでしょう。近年、家電リサイクル法の施行により、家庭で出た家電を昔のように、粗大ごみとして捨てることが困難になりました。そこで、需要が高まっているのが不用品回収業者に依頼する処分方法です。粗大ごみを急いで処分したいときには非常に便利なサービスでしょう。しかし、世間のニーズが高まる裏では、粗大ゴミ回収する業者とのトラブルも急増中です。この記事では、粗大ゴミをトラブルなく、安全に処分できる方法を詳しくご紹介します。

  1. 粗大ごみに関する悩みとは?
  2. 種類別!粗大ゴミの捨て方
  3. 粗大ごみってリサイクルできる?リセールは?
  4. 粗大ごみ処理の方法とは?
  5. 粗大ごみ・不用品回収のよくあるトラブル
  6. 粗大ごみ処理の業者選びのポイント
  7. 粗大ゴミに関するよくある質問

この記事を読むことで、信頼できる不用品回収業者の選び方がわかります。溜(た)まった粗大ゴミを楽に処分でき、家もスッキリするでしょう。引っ越しで出た大量の不用品を急いで処分したい方にもオススメの記事です。粗大ゴミでお悩みの方は、ぜひ読んでみてください。

1.粗大ごみに関する悩みとは?

粗大ごみは、捨て方のほかにもさまざまな悩みがあります。詳しく見ていきましょう。

1-1.粗大ごみと法律について

粗大ごみには、捨てる品目によりあらゆる法律が定められています。自治体が考える粗大ごみとは、基本的に指定のごみ袋に入らない大きさのものです。ごみ袋に入っても、一般のごみ収集で回収できない品目も粗大ごみ扱いとなります。かつて日本では、空き地に 冷蔵庫やテレビが山積みになっている光景は当たり前でした。しかし、法改正により家電・大型ゴミを以前のように簡単には廃棄することができなくなったのです。粗大ごみを捨てるときは、不燃ごみや可燃ごみと同様、自治体のルールに沿ってゴミ分別して処分しなくてはなりません。粗大ごみを空き地や山に捨てる行為は犯罪(5年以下の懲役若しくは1000万以下の罰金)です。また、時代の流れとともに、需要が高まっている民間の不用品回収業者にも、営業する際の規制があります。不用品・粗大ごみを有料で回収する営業を行う場合、廃棄物処理法に基づき、一般廃棄物処理業の許可が必要です。不用品を買い取る場合には、古物営業法の届け出が必要になります。ただし、無料で引き取りする場合は対象外です。廃棄物の処理方法は、法律で厳しく定められています。トラブルを防ぐためにも廃品回収をする業者の選定には十分な注意が必要です。

1-2.家電リサイクル法と対象品目について

現在では、家電リサイクル法の制定により、家電製品の処分には手間と費用がかかるようになりました。家電リサイクル法では、対象品目である、エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機などを廃棄する際は、材料をリサイクルしなければなりません。家電リサイクル法の目的は、資源の有効活用とゴミの減量化を推進することです。上記4品目以外の小型家電は、小型電子機器のリサイクル法対象となり、回収方法は各自治体で定められています。小型家電機器には、デジタルカメラやゲーム機・スマートフォン・タブレットなどが対象です。パソコン本体やディスプレイ・ノートパソコンなども処分に費用がかかります。

1-3.粗大ごみの処分は無料?有料?

粗大ごみを処分する際にかかる料金は、ごみの処分方法や捨てるものによってさまざまです。住んでいる地域によっては、小型電子機器の無料回収ボックスを設置している自治体もあります。粗大ごみを自治体に回収依頼する際にかかる処分費用は、各市町村でも異なるでしょう。どんな粗大ゴミでも、回収依頼をすれば、500円~処理費用がかかるのが一般的です。ただし、この記事でご紹介する方法で粗大ゴミを処分すると、処理費用が無料または格安で処分できるでしょう。ぜひ、読み進めてください。

1-4.粗大ごみの処分ルール

粗大ごみの捨て方には、各自治体により定められたルールが異なります。

  • 冷蔵庫・テレビなどは家電リサイクル法対象商品のため、自治体の粗大ごみでは受け付けていない
  • スマートフォンやノートパソコンは自治体の無料回収ボックスを利用する
  • 粗大ごみは、事前に自治体の粗大ごみ受付センターに収集依頼をし定められた料金を支払い指定場所まで自分で運ぶ
  • タイヤ・バッテリーなど処理が困難なものは自治体の粗大ごみ収集では受け付けない場合がある
  • 自治体で受け付けできない粗大ごみは民間の業者に回収・処分を依頼しよう

一言で粗大ごみと言っても、ごみの種類はさまざまです。粗大ごみの回収は、ごみの種類によって 国や各市町村で処分方法が細かく決められています。粗大ごみを簡単に捨てられる時代は終わりました。これからは、ごみの種類に合わせた処分方法を学ぶ必要があるでしょう。 粗大ごみ処分をする際はお住まいの地域の自治体ホームページなどで処分ルールを確認してください。

2.種類別!粗大ゴミの捨て方

種類別に 粗大ごみの捨て方をご案内します。

2-1.処分の前にまずは仕分け

粗大ゴミや不用品を処分したい場合、まずは仕分けから始めましょう。ごみを可燃・不燃に分別する必要があります。可燃・不燃の基本的な区別は以下をご確認ください。

  • 可燃:木製・木製家具類・プラスチック製品
  • 不燃:金属製品・陶磁器・ガラス類

可燃・不燃が混合している製品に関しては、不燃扱いになるところが多いです。指定ごみ袋に入らない場合は粗大ごみと考えましょう。細かい分別は、お住まいの自治体ホームページなどで確認してください。

2-2.家具の処分方法

家具の処分方法は、4つあります。

  1. 自治体に回収してもらう(有料)
  2. 不用品回収業者を利用する
  3. リサイクルショップに買い取ってもらう
  4. 友達や知人に譲る

以上が最も一般的な処理方法です。どの方法を選択するかは、家具の大きさや種類・状態によっても異なります。人気のデザイナー家具・新しいものは、友達に譲るか、リサイクルショップに買い取りしてもらいましょう。しかし、傷や汚れ・製造から10年以上の古い家具は、買い取り不可の業者が多いです。この場合は、不用品回収業者を利用するか、自治体に回収してもらいましょう。自治体の粗大ごみ収集を利用する場合、家具を指定場所まで自分で運ばなくてはなりません。自分で運搬できない大型家具は、無理せず業者に依頼しましょう。

2-3.家電・パソコンの処分はどうする?

家電製品は、家電リサイクル法施行により自治体の粗大ごみ収集で回収してもらえなくなりました。電子レンジは家電リサイクル法対象外です。家電リサイクル法対象外の家電であっても、地域によって処分してもらえるもの、もらえないものがあります。また、小型家電に関しても各市町村で決められたルールがあるでしょう。どの家電が引き取り対象になるかは、自治体に問い合わせて確認してください。自治体を利用しない場合、不用品回収業者に引き取ってもらう・オークションやリサイクルショップで買い取ってもらう方法もあります。

2-4.自転車・布団などその他特殊な不用品

2-4-1.自転車の捨て方

自転車は処分する前に防犯登録を抹消しましょう。自転車を取り扱うお店では、防犯登録の抹消と廃棄まで引き受けてくれるところもあります。自治体では粗大ごみとして有料で収集してもらえるでしょう。その他の方法として、リサイクルショップに買い取ってもらう・不用品回収業者に依頼するなどの選択もあります。

2-4-2.布団の捨て方は?

要らなくなった布団は、自治体の粗大ごみとして有料回収が可能です。布団を処分するときのルールは各自治体により異なります。小さく切り刻んで指定ゴミ袋にいれ可燃ゴミで捨てると費用はかかりません。ただし、手間がかかり大変な作業です。粗大ごみ処分でも、小さく折りたたみ紐(ひも)で結ぶよう指導する市町村もあります。要らなくなった布団が大量にある場合、捨てる労力を考えると、家まで回収に来てくれる不用品回収業者を利用する方法が一番便利です。

2-4-3.ベッド・マットレスの処分は?

ベッド・マットレスの処分方法は以下の3つです。

  • 自治体の粗大ごみとして出す
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップに引き取ってもらう

自治体によっては、ベッドのマットレスは処分対象外としているところもあるため注意が必要です。マットレスは思ったより重量があるため、指定された収集場所まで運べないことも多いでしょう。ベッド本体は解体します。ベッドやマットレスを手間なく廃棄するには、不用品回収業者がオススメです。汚れも傷みも少ないマットレスは買い取ってもらえる可能性もあります。マットレスの状態に合わせて処分方法を選択してください。民間業者に依頼すれば、ベッド本体の解体も行ってくれるでしょう。

3.粗大ごみってリサイクルできる?リセールは?

粗大ごみの処分で一番オススメの方法は、買い取りしてもらうことです。リサイクルショップやオークションで、買い取ってもらえば、処分費用もかからずお金までもらえますよね。最近は、リサイクルショップだけでなく、不用品回収業者も買い取りを行うお店が多くなりました。買い取りできない場合でもそのまま引き取ってもらえる可能性が高いです。ただし、リセールできる商品には条件があります。処分したい品物が下記の条件に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  • 製造から10年以内の状態がいい家具
  • デザイナー家電・家具で人気・レアなもの
  • 家電の場合、製造3~5年以内のもの
  • 1人暮らし用家具・家電(冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・テレビ)
  • 汚れ・傷が少ないもの
  • 購入時の付属品(説明書・保証書・周辺機器)がそろっている
  • あまり市場には出回らない特殊な製品

以上のような条件に当てはまれば、高価で買い取ってもらえる可能性があるでしょう。市場に出回らないレアな品物は、オークションに出品すると思わぬ高値で落札されることもあります。製造から数年の新しいもの・傷や汚れがなく人気があるものは、リセールを考えましょう。

4.粗大ごみの処分方法とは?

ここまで粗大ごみに関する法律や捨て方について解説してきました。この項では、実際に粗大ごみを処理する方法をご紹介します。

4-1.粗大ごみを自分で処分する方法

粗大ごみを自分で処分する主な方法は3つです。

1:自治体の粗大ごみで処分する
2:友人に譲る
3:オークションで売る

自治体の粗大ごみ収集に依頼する最大のメリットは費用が安く済むことです。依頼は住んでいる市町村の粗大ごみセンターで受け付けています。電話やホームページから依頼しましょう。ごみ処理費用の支払いは、粗大ごみ処理券をコンビニやスーパーで購入し粗大ごみに貼り付ける方法です。処理費用は500円~2000円と比較的安く済みます。しかし、決められた収集日に指定された場所に自分で運ぶ必要があり手間と労力がかかるでしょう。引き取り品目や粗大ごみの出し方にも制約があるため注意してください。収集日まで最大2週間ほどかかることもあります。急いでいる方・大型家具や家電を処分したい方には不向きです。また、友人に譲る場合も運搬は自分たちで行わなくてはなりません。トラックや車は必ず必要です。大型家具・家電はただ運ぶだけでも大変な作業になるでしょう。オークションは、高値で落札されるメリットがある反面、出品・取り引き連絡・こん包・出荷とやることが多いです。忙しい方にはオススメできません。さらに、いつ落札されるかもわからないため、処分まで時間がかかります。大型家具や家電を配送する場合は、運搬中の傷や破損にも気を付けましょう。運送中の故障を避けるため、エアキャップやクッション材など専用のこん包資材も必要です。

4-2.こんなときは業者に依頼しよう

自治体の粗大ゴミ回収は費用が安い反面、制約が多く手間と時間がかかります。
もしあなたが、以下のような項目に当てはまるなら、粗大ごみの処分を業者へ依頼したほうがいいでしょう。

  • 急いで処分したい
  • 時間と手間をかけたくない
  • 1人で運べない大型家具・家電
  • 高齢や病気のため、自分で処分できない
  • 引っ越しで出た不用品をまとめて処分したい
  • できるだけ面倒なことは避けたい
  • 処分するものが大量にある
  • 引き取りと同時に買い取りもしてほしい
  • 即日対応を希望している
  • 夜間しか対応できない
  • 自治体に回収を断られた粗大ごみ
  • 家電リサイクル法・パソコンを処分したい

4-3.業者に依頼するメリット

不用品回収業者やリサイクルショップに依頼するメリットは、電話一本で自宅まで引き取りに来てくれるところです。夜間や休日も関係なく、自分の都合に合わせ日時指定できます。さらに、処分品目が幅広く基本的にどんなものでも引き取り・回収してくれるでしょう。見積もりもほとんどの業者が無料です。業者に依頼すれば、運搬・搬出する必要もありません。1人では運べない家具・家電も楽々処分できるでしょう。引っ越しで出た大量の不用品もまとめて回収してもらえます。買い取りしている業者では、自宅まで来てその場で査定、現金で買い取りを行う会社が多いです。買い取りできなかったものも回収してもらえ、一切手間がかかりません。買い取り・引き取った商品を自社で販売するリサイクルショップに依頼すれば、査定金額が高くなる可能性もあります。パソコンの処分では、無料回収を行う業者を選ぶといいでしょう。

5.粗大ごみ・不用品回収のよくあるトラブル

粗大ごみや不用品を処分するうえで欠かすことができない「不用品回収業者」。要らなくなった粗大ごみを楽に処分できることで、大変人気のサービスです。しかし、一方では業者と消費者との間でトラブルも多く報告されています。

  • 廃品回収無料とうたっていたのにトラックに乗せた後で料金を請求された
  • 見積金額より多い料金を請求される
  • 料金を支払い、回収後に不法投棄された
  • 依頼したもの以外のものまで詰(つ)め込み料金を請求される
  • 連絡先が携帯電話しかなく、作業後、連絡がつかない
  • 料金形体がわかりづらく基本料金にどんどん追加費用がかかった
  • 運搬の際、家を傷つけられる
  • 領収書・見積書など書面が一切ないため後でトラブルが起こったときの連絡先がわからない

このようなトラブルを避けるためにも粗大ごみ処理を依頼する業者はきちんと選ばなくてはなりません。

5-1.業者とのトラブルを避けるための対応策

不用品回収業者とのトラブルは、前もって確認をすることでほとんど避けられます。依頼時の電話では、見積もりが本当に無料か?見積もり以外の料金が発生しないか確認してください。作業内容と料金が書かれた見積書は必ず作成してもらいましょう。また、後のトラブルが起こった場合のために領収書も忘れずに保管してください。不用品の処分には基本的に費用がかかると考え、無料と言う言葉に飛びつかないことも重要です。スピーカーで無料回収と宣伝しながら回るトラックには十分注意しましょう。

5-2.業者とトラブルになって解決しないときは

万が一業者とトラブルになった場合は、全国の消費者窓口に相談しましょう。国民生活センターでは、消費者の相談内容を受け、公正な立場でアドバイスしてくれます。必要があれば直接業者へ連絡も行う機関です。

  • 国民生活センター(消費生活センター)
    消費者やサービスに関する苦情や問い合わせを受け付ける機関
    電話:局番無し188

相談するには、氏名・住所・電話番号などを伝える必要があります。

6.粗大ごみ処理の業者選びのポイント

この項では、粗大ごみ処理を依頼する業者選びのポイントをご紹介します。以下にご紹介するポイントを押さえた業者を選ぶことで、トラブルも未然に防ぐことができるでしょう。

6-1.自治体の許可があるか?

家庭から回収した家電製品を回収するには、一般廃棄物収集運搬の許可が必要です。見積もりや依頼をする前に、ホームページで確認してみましょう。会社概要の項目に書かれていることが多いです。買い取りを行い場合は古物商の許可も必要になります。許可があるを確認するだけで違法業者を選ぶ可能性が低くなるでしょう。

6-2.無料見積もり・出張費無料

業者選びでは、無料で見積もりを作成してくれるかどうかも重要ポイントです。出張費などが別途かからないか依頼時に確認してください。買い取り希望の場合でも出張査定が無料の会社を選びましょう。

6-3.明確な料金体系と見積書の作成

業者とのトラブルで最も多いのが料金に関する問題です。依頼どおりの内容・作業項目・料金が記載された見積書を作成してくれる業者を選びましょう。信頼できる業者は必ず領収書や買い取り明細書なども発行してくれます。

6-4.急ぎでも対応可能な業者

不用品や粗大ごみはなるべく早く処分したいですよね。できれば、即日~3日以内で対応してくれる業者を選ぶといいでしょう。引っ越し時期は、依頼が込み合うため、1週間ほど時間がかかる場合もあります。引っ越しに伴う粗大ごみ処分を考えている人は、早めに問い合わせ、予約を入れておくと安心です。

7.粗大ゴミに関するよくある質問

7-1.自治体の粗大ごみ回収、1度に何個まで依頼できる?

自治体の粗大ゴミ回収では、各自治体により1度に申し込める数の制限があります。制限数は4個~10個までが一般的です。年に3回までの申し込みに限るなど、回数まで定めている自治体もあります。不用品回収業者やリサイクルショップでは数の制限はありません。

7-2.引っ越し当日に出た粗大ごみはどうしたらいい?

自治体の粗大ごみ回収は、月に1~3回ほどで回収日が決まっています。引っ越しや急ぎで処分したい場合は、自分で地域のリサイクルセンターに運ぶか、不用品回収業者に依頼しましょう。業者によっては即日対応してくれるお店も多いです。

7-3.粗大ごみ処分にかかる費用を教えて!

粗大ごみ回収を自治体に依頼する場合は、500円~2000円の料金がかかります。粗大ごみや不用品を業者に依頼する場合の相場は、家電の場合は1000円~8000円と幅が広いです。種類や大きさによって多少前後します。量が多いケースでは、トラック詰め放題○○円などパック料金を設定している業者が多いです。民間の不用品回収業者の中には、処理費用のほか、基本料金3000円~5000円(作業する人数により変わる)やオプションが加算される場合があるため注意してください。

7-4.業者に依頼する費用を安くする方法は?

粗大ゴミの処分を業者に依頼する場合、かかる料金を安くするには、3つのポイントがあります。1つ目は業者が買い取りを強化している商品を確認することです。不用品回収業者やリサイクルショップのホームページでは、無料回収している品物も確認できるでしょう。処分したいごみに、強化商品が1つでも含まれていれば費用が安くなる可能性が高いです。2つ目は、家の不用品をまとめて依頼すること。3つ目は買い取りも行う業者を利用することです。買い取り金額を、不用品回収費用と相殺してもらえます。

7-5.仏壇・神棚なども処分してもらえる?

仏壇や神棚は自治体の粗大ゴミ回収で捨てることもできます。しかし魂が宿る仏壇や神棚をそのまま捨てるのは気が引けるでしょう。不用品回収業者の中には、仏壇や神棚を回収し、処分してくれる会社もあります。ぜひ相談してみてください。宗派により異なりますが、お寺や仏具店で引き取ってもらえる場合もあるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?この記事では、粗大ごみをトラブルなく安心して処分できる方法についてご紹介しました。粗大ごみの処理には、さまざまな方法があります。この記事を参考に、ごみの種類や状態により、最適な処分方法を選んでください。大型ごみや家電は無理して運ぶとけがや事故の危険性もあります。粗大ごみの量が多い・大型の場合は業者をうまく利用して、手間をかけず安全に処分しましょう。