知っておきたいノートパソコンのバッテリーを賢く使う方法

ノートパソコンのメリットは持ち運びが簡単で、出先でもパソコンを使うことができる点です。しかし、バッテリーの持ちが悪くなると、ノートパソコンのメリットは激減(げきげん)します。そのため、ノートパソコンのバッテリーが長持ちする方法はないかと悩む方も多いはずです。そこで、ノートパソコンのバッテリーの持ちがよくなる方法と交換方法を含め徹底検証してみました。

  1. バッテリーの持ちを長くする方法
  2. バッテリーの持ちが悪いときの対処法
  3. バッテリーの交換方法と処分方法

1.バッテリーの持ちを長くする方法

1-1.ACアダプターの使い方に注意しよう

バッテリーは常に通電している状態だと弱くなります。ですから、長期間使用しない場合にはノートパソコンのバッテリーを外してください。バッテリーの残量は50%ぐらいの状態で外すのが最適です。外したバッテリーは涼しいところに保管しましょう。ACアダプターをずっとつないだままにはせず、適度にバッテリーを使用するほうがバッテリーは長持ちします。

1-2.バッテリーの寿命は何年?

バッテリーは消耗品として考えてください。そのため、購入後1年でバッテリーの使用可能時間が減っているのも不思議ではありません。バッテリーによっても異なりますが、通常300回から500回がバッテリーの充電可能回数となっています。そのため、毎日充電を繰り返すなら、2年後には性能は落ちて当然なのです。

1-3.バッテリーの使い方のコツ

バッテリーの種類によって長持ちのコツは異なります。まずは、バッテリーのタイプを確認しましょう。リチウムイオンバッテリーは、フル充電にしないほうがバッテリーは長く持ちます。80%の充電状態でACアダプターを取り外し、バッテリーがなくなるまで使用しましょう。パソコンによっては80%充電の設定にできるものもあります。ニッケル水素バッテリーはフル充電にして、充電レベルが0%に近づくまで使い切ってください。いずれの場合も、短い充電と放電を繰り返すのはおすすめできません。短い充電と放電を繰り返すなら、充電の上限と下限が変わる「メモリー効果」と呼ばれる現象がおきるからです。