遺品整理を始める時期はいつがいい? 遺品整理についての豆知識


遺品整理を始める時期について悩んでいませんか? 
遺品整理は人生でそう何度も経験するものではないため、いざ直面したときに戸惑ってしまう人は少なくありません。また、いつから始めていけばいいのかなど、具体的な時期が分からずズルズルと時間だけが過ぎてしまうことも多いようです。そこで、この記事では遺品整理の時期や注意点など、遺品整理における基礎知識をご紹介します。これから遺品整理を控えている人、遺品整理の時期に悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. 遺品整理を始める時期は?
  2. 遺品整理における注意点
  3. 遺品整理に困ったら業者がおすすめ

1.遺品整理を始める時期は?

遺品整理はどのくらいの時期に始めるのが良いのでしょうか。ここでは、遺品整理を始める時期についてご紹介していきます。

1-1.自分のタイミングで行う

結論から言うと、故人が亡くなってから○日経(た)たないと遺品整理をしてはいけないというルールはありません。そのため、遺品整理を行う人の都合や気持ちの問題などを重視して、具体的な時期を決めるのが最も良いと言えるでしょう。特に気をつけてほしいのは、できるだけ気持ちの整理がついてから遺品整理を行うようにすることです。気持ちの整理がつかないまま始めてしまうと、的確な判断ができなかったり、効率が悪くなったりします。特に制限時間がない場合は、自分の都合と気持ちに合わせて、時期を決めると良いでしょう。

1-2.四十九日を目安に遺品整理を始める

なかなか自分で遺品整理を開始する時期を決められないという人は、四十九日を目安にするとやりやすいでしょう。故人が亡くなってから四十九日が経(た)つと、人間はある程度その人の死と向き合えてくると言われています。そのため、四十九日を目安に遺品整理を始めるのが、気持ち的にも良いと言えるでしょう。

1-3.制限時間がある場合は注意を

故人が持ち家ではなく、アパートなどの賃貸物件で暮らしていた場合は、部屋を明け渡す日などがかかわってくるため、早い段階から遺品整理を始めなければなりません。このように制限時間がある場合は、できるだけ早い時期から遺品整理を進めていくようにしましょう。明け渡しの日にちがあることで、気持ちの整理がつかないまま遺品整理をすることになってしまう可能性は高いです。しかし、明け渡し日を過ぎても遺品整理ができていないと、今度は大家さんや不動産屋とのトラブルに発展する可能性があるため、気をつけましょう。

2.遺品整理における注意点

遺品整理を行うときには、さまざまな注意点があります。そこで、ここでは遺品整理をするときに意識しておくべき注意点をご紹介しましょう。

2-1.親族とのトラブルに注意しよう

遺品の中に価値の高いものがあった場合などは、その相続についてなど親族間でトラブルとなりやすいです。このようなものを親族と相談せずに自己判断で整理してしまうと、後々トラブルに発展する可能性も高くなります。特に価値の高い遺品が多い場合には、事前に親族と相続について相談しておきましょう。また、特に価値の高い遺品がないという場合でも、親族には遺品整理の時期など、具体的な予定を伝えておいたほうが無駄なトラブルを防げます。

2-2.整理中に迷ったものは、時間を置いてよく考えてから

故人が亡くなった後は、その相手が自分にとって大きな存在だった程、気持ちがぐらついてしまいます。そのため、気持ちの整理がつかないまま遺品整理にとりかかるという人は少なくないようです。しかし、このように気持ちの整理がついていない状態で遺品整理を始めると、処分するものとそうでないものとの判断を正確にしにくくなります。故人を思い出して辛(つら)いから処分してしまったけど、後々になって後悔するということは多いのです。そこで、遺品整理をしている途中で処分しようかどうか迷ったものについては、その時点では保留にしておくようにしましょう。そして、遺品整理が一通り終わった後に改めて必要かどうかを考えていくのがおすすめです。

3.遺品整理に困ったら業者がおすすめ

遺品整理を早めに終わらせたいけど、なかなか気持ちの整理がつかなかったり、忙しくてできなかったりすることもあるでしょう。そこで、そんなときにおすすめな遺品整理業者についてご紹介します。

3-1.遺品整理業者を利用するとメリットがたくさん

遺品整理業者とは、その名のとおり遺品整理を代行して行ってくれる業者のことです。そんな遺品整理業者を利用した場合には、さまざまなメリットがあります。それでは、そのメリットをご紹介していきましょう。

  • 自分が忙しくても遺品整理ができる

遺品整理をしたくても、仕事や家事・育児などが忙しくてなかなか手が空(あ)かないという人もいるでしょう。そのような状況だと、なかなか遺品整理を進めることはできません。そんなときでも、遺品整理業者を利用すれば効率よく整理を進めていくことができるでしょう。

  • 故人の家が遠くても利用可能

自分が住んでいるところと故人が住んでいたところが離れていた場合、遺品整理に行くのもなかなか困難ですね。このように、距離があって簡単には整理に行けないという場合でも、業者を利用することができます。業者を利用することで、行く手間や時間などを削減できるでしょう。

  • 気持ちの整理がつけられないときに代行してもらえる

亡くなった故人が大きな存在であった場合は、なかなか短時間で気持ちの整理をすることもできません。気持ちが落ち着かず、遺品整理に手がつけられないという人も少なくないでしょう。そんなとき、業者を利用すれば代行して整理をしてもらうことができます。そうして代行して整理をしてもらうことで、自分の気持ちに整理もつけやすくなるでしょう。

3-2.遺品整理業者を選ぶときの注意点

遺品整理業者と言っても、色々なところがあります。適当に選んでしまうと、悪質なことをされてしまう可能性もあるため、注意が必要です。そこで、遺品整理業者を選ぶときの注意点をご紹介します。

  • 無料見積もりを行っている業者を選ぶ

遺品整理を実際に依頼する前の段階で、ある程度料金が分かっていたほうが後々トラブルになるのを防ぐことができます。また、無料見積もりを行っている複数の業者で見積もりだけしてもらって、金額から利用するところを選ぶこともできるでしょう。より利用しやすいところを選ぶためにも、無料見積もりを行っている業者を選ぶようにしてください。

  • 買い取れるものは買い取ってくれる業者がおすすめ

遺品整理サービスを行っている業者の中には、買い取れるものは買い取ってくれるところもあります。そのような業者を選べば、処分費用を削減することもできるでしょう。お得に遺品整理をするためにも、なるべく買い取りも行っている業者を選びましょう。

まとめ

遺品整理を始める時期やポイント、注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか? それでは、今回ご紹介したことをまとめてみましょう。

  • 遺品整理を始める時期は?
  • 遺品整理における注意点
  • 遺品整理に困ったら業者がおすすめ

以上のことを意識しておけば、いざ遺品整理をしなければならない状況になったときでも、戸惑うことなく行動できるでしょう。故人が残していった大切な思い出をしっかり選定するためにも、遺品整理の時期や注意点には気をつけてくださいね。