遺品整理を始める時期はいつがいい? 遺品整理についての豆知識

遺品整理を始める時期について悩んでいませんか? 
遺品整理は人生でそう何度も経験するものではないため、いざ直面したときに戸惑ってしまう人は少なくありません。また、いつから始めていけばいいのかなど、具体的な時期が分からずズルズルと時間だけが過ぎてしまうことも多いようです。そこで、この記事では遺品整理の時期や注意点など、遺品整理における基礎知識をご紹介します。これから遺品整理を控えている人、遺品整理の時期に悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. 遺品整理を始める時期は?
  2. 遺品整理における注意点
  3. 遺品整理に困ったら業者がおすすめ

1.遺品整理を始める時期は?

遺品整理はどのくらいの時期に始めるのが良いのでしょうか。ここでは、遺品整理を始める時期についてご紹介していきます。

1-1.自分のタイミングで行う

結論から言うと、故人が亡くなってから○日経(た)たないと遺品整理をしてはいけないというルールはありません。そのため、遺品整理を行う人の都合や気持ちの問題などを重視して、具体的な時期を決めるのが最も良いと言えるでしょう。特に気をつけてほしいのは、できるだけ気持ちの整理がついてから遺品整理を行うようにすることです。気持ちの整理がつかないまま始めてしまうと、的確な判断ができなかったり、効率が悪くなったりします。特に制限時間がない場合は、自分の都合と気持ちに合わせて、時期を決めると良いでしょう。

1-2.四十九日を目安に遺品整理を始める

なかなか自分で遺品整理を開始する時期を決められないという人は、四十九日を目安にするとやりやすいでしょう。故人が亡くなってから四十九日が経(た)つと、人間はある程度その人の死と向き合えてくると言われています。そのため、四十九日を目安に遺品整理を始めるのが、気持ち的にも良いと言えるでしょう。

1-3.制限時間がある場合は注意を

故人が持ち家ではなく、アパートなどの賃貸物件で暮らしていた場合は、部屋を明け渡す日などがかかわってくるため、早い段階から遺品整理を始めなければなりません。このように制限時間がある場合は、できるだけ早い時期から遺品整理を進めていくようにしましょう。明け渡しの日にちがあることで、気持ちの整理がつかないまま遺品整理をすることになってしまう可能性は高いです。しかし、明け渡し日を過ぎても遺品整理ができていないと、今度は大家さんや不動産屋とのトラブルに発展する可能性があるため、気をつけましょう。