デジタル遺品とは? 近年問題視されているデジタル遺品トラブル事例

デジタル遺品とは何か? そう疑問に思う人もいらっしゃるでしょう。パソコンやスマートフォンなどが普及している今日では、その所有者が亡くなった後、それらに保存されたデータが残ってしまうことが問題となっています。そこで、ここではデジタル遺品についての基礎知識やトラブル事例などをご紹介しましょう。デジタル遺品について知っておきたい人や、デジタル遺品に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. デジタル遺品とは
  2. デジタル遺品トラブル事例
  3. 生前整理の必要性

1.デジタル遺品とは

そもそも、デジタル遺品とは何なのでしょうか。ここでは、デジタル遺品がどのようなものか、具体的にご紹介していきます。

1-1.デジタル遺品とは何か?

今は高齢者の間でも、パソコンやスマートフォンが普及しています。そして、その機器には所有者の個人情報や写真など豊富なデータが保存されているでしょう。仮に所有者が亡くなってしまった場合、これらのデータはパソコン・スマートフォン内に残されたままとなってしまいます。こうして所有者が亡くなった後に残されてしまったデータのことを、デジタル遺品と呼ぶのです。

1-2.SDカードやUSBメモリもデジタル遺品

デジタル遺品と呼べるものはパソコンやスマートフォンだけではありません。パソコンやスマートフォンに入りきらないデータは、SDカードやUSBメモリに移して保存可能です。そのため、特に生前写真を撮るのが趣味だった人の場合、データが残ったままのSDカードやUSBメモリの確認作業に追われることも少なくありません。亡くなった人が残していった大切な思い出だからこそ、それらのデータもしっかり確認し、取っておきたいと思うことでしょう。しかし、カードやメモリがたくさんある場合、すべてのデータを確認する作業には相当な時間がかかってしまいます。そのため、デジタル遺品は遺品整理の中でもなかなか大変な作業となることが多いのです。

1-3.インターネット口座などもデジタル遺産

デジタル遺産は、上記で紹介したものの他にもあります。所有者がインターネット口座や、証券売買用の口座などを開設していた場合、これもデジタル資産になるのです。このような場合、口座にお金が残った状態になっていると相続問題などにもかかわってきてしまいます。