パソコンには寿命がある? パソコン買い替えの基礎知識を学ぼう!

最近、妙にフリーズする。性能が悪くて動画を見ることができない、ゲームができない。

さまざまな理由からパソコンの買い替えを検討していると思います。しかし、どのような症状が出たら買い替え時期なのか、あるいは何年たったら買い替え時期なのか分からず、悩んでいる方も多いでしょう。

そこで、今回はパソコンの買い替えに役立つ基礎知識を簡単に解説していきます。ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

目次

  1. パソコンの寿命はどれくらい?
  2. パソコンの買い替えを検討したい症状
  3. 『デスクトップパソコン』と『ノートパソコン』どちらを選ぶべきなのか
  4. 不要になったパソコンの処分方法

1.パソコンの寿命はどれくらい?

え、パソコンに寿命なんてあるの!? と驚かれた方もいるでしょうが、パソコンにも寿命は存在します。しかも、電化製品の中でも特に『寿命が短い』製品の一つです。

ですので、油断しているとある日突然動かなくなってしまうということもあるでしょう。大事なデータなどが失われることとなり、困りますよね。

事前に寿命がどのくらいなのかを知っておけば、パーツを交換したり修理したりすることで対処できるはず。また、最悪の場合でもデータだけは移動することができるでしょう。

1-1.パソコンの寿命は『5年』

まず、パソコンの寿命をどう定義するかです。故障=寿命かというとそうではありません。

たとえば、ボタンを押してもパソコンが起動しなくなったとします。この様な症状が起きる原因は電源ユニットかOSの問題です。電源の場合は物理的な故障で、OSの場合はアップデートなどが要因となります。しばらく前にも、マイクロソフトの公式アップデートでパソコンが起動しなくなるというトラブルがあり、一時騒動となりました。しかし、これらの故障は基本的に直るものですので、寿命とはいえないのです。

では、どれを基準にパソコンの寿命とするのか。それは『ハードディスク』です。

ハードディスクは実際にパソコンを動かすOSをインストールする場所ですし、さまざまなソフトやデータを保存する場所でもあります。ハードディスクが壊れると、正常にOSを起動できなくなったり、頻繁にフリーズを起こしたりして、まともな作業ができなくなってしまうでしょう。ですから、パソコンにおいて1番重要なパーツといっても過言ではありません。そして、このハードディスクは1度壊れると『修理ができない』パーツであるといわれています。

なぜ修理ができないのかというと、ハードディスクは情報を記録する際に、『10ナノメーター(0,00001ミリメーター)』という極小ささの針でハードディスクという円盤に『刻み込んでいる』からです。何度も何度も情報を書き換えていれば、それだけすり減っていきますよね。それがやがて不具合という形で発生し、壊れるのです。

そして、その不具合が発生し始めるのがだいたい『5年』といわれています。

1-2.ハードディスクの寿命を調べるには?

ハードディスクの寿命を事前に知りたいなら、フリーソフトの『CrystalDiskInfo』がおすすめです。使い方は簡単。インストールして起動するだけです。ソフトを起動すると、パソコンの起動回数やエラー回数などから『正常』『注意』『異常』の3段階で確認することができます。

状態が正常であれば大丈夫。注意となっていれば、寿命が近い証拠。異常となっていたら近いうちに起動しなくなる可能性が大きいので、新しいハードディスクにデータを移しておいた方が賢明でしょう。

1-3.パーツが壊れてしまったら

パーツが壊れてしまったら、パソコン自体を買い替える前に、まず保証期間を確認しましょう。保証期間内であれば無償、または低価格で修理してもらえます。

ちなみに、ほとんどのパーツの保証期間は基本的には1年です。