テレビはどうやって処分すればいいの? 正しいテレビの捨て方とは?

ここ20年の間で、テレビは大きく変化しました。
ブラウン管から液晶テレビやプラズマテレビに主力が移り、デジタル放送に切り替わったのです。
その分不要になったテレビの処分に困っているという方も多いでしょう。
そこで今回は不要になったテレビの捨て方をご紹介します。
ブラウン管テレビと液晶テレビでは捨て方が異なったりするのでしょうか?
また、中古のテレビを売りたいという場合はどこに買取を依頼すればよいのでしょう?
不要なテレビの処分に困っているという方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. テレビを捨てる際の注意点
  2. 中古でも需要があるテレビとは?
  3. テレビを今すぐ処分したい場合はどうするの?
  4. 無料で回収してくれる業者は信用できるの?
  5. おわりに

1.テレビを捨てる際の注意点

この項では、テレビを捨てる際の注意点をご紹介します。
実はテレビの捨て方は意外に面倒なのです。

1-1.ごみとして捨てることはできない。

テレビは家電リサイクル法の対象家電です。
家電リサイクル法とは、「これに指定された家電は、メーカーと消費者が費用を出しあってリサイクルできるものをリサイクルしてください」という法案のこと。
ですからテレビは液晶、ブラウン管といった種類を問わずどの自治体でも回収できません。
たとえ持ち運びができるサイズのテレビでも同じです。
また、テレビ以外にも、洗濯機(乾燥機)や冷蔵庫(冷凍庫)、エアコンも家電リサイクル法対象家電ですので、ごみとして捨てられません。
さらにパソコンはPCリサイクル法により、メーカーが回収を義務図けられています。
同じようにごみとしては捨てられないので注意してください。

1-2.テレビを廃棄したい場合はどうすればいいの?

テレビを廃棄したい場合は、郵便局でリサイクル券を購入して家電量販店に処分を依頼します。
テレビが大きすぎて店舗まで持っていけないという場合は、回収も依頼してください。
ただしこの場合は送料もかかりますので、注意しましょう。
また、新しいテレビを買った場合はそれと引き換えに古いテレビを回収してくれる店もあります。
これも大型テレビの場合は新しいテレビと引き換えに古いテレビを回収してくれますので、配達日にはすぐに持って行ってもらえるようにほこりをぬぐってコンセント等は抜いておいてください。