石油ファンヒーターを処分するなら! 賢く廃棄するための5つの注意点

寒い地域では冬になると活躍する石油ファンヒーター。
故障したり買い替えのために不要になってしまったファンヒーターが押し入れの中で眠っている、という人も多いのではないでしょうか。

  • 廃棄しようとしても何ゴミなのかわからない
  • 邪魔になるほどの大きさでもないので、ついそのまま放置している
  • どうにかして売れないか

そんな悩みをお持ちのあなたに、石油ファンヒーターの賢い処分方法についてご紹介しましょう。
業者に処分を依頼する方法もありますので、ぜひチェックしてみてください。

目次

  1. ファンヒーターは何ゴミ?
  2. ファンヒーターの処分方法
  3. 捨てる際の注意点
  4. 業者に依頼する方法
  5. 業者を選ぶポイント

1.ファンヒーターは何ゴミ?

石油ファンヒーターはほとんどの自治体で、粗大ゴミとして指定されています。
ただし一辺が30cm以下の小型のファンヒーターであれば不燃ゴミとして出せる自治体もありますので、必ず事前に問い合わせて確認してみてください。
粗大ゴミになる場合はあらかじめ粗大ゴミシールを購入して指定の日時に収集場まで持っていく必要があるため、少々手間がかかります。
特に女性や高齢者は収集場まで持ち運ぶのが大変だと思いますので、誰か手伝ってくれる人を探すか、台車を用意するなどして準備しておきましょう。